2009年04月02日

お花見ハイキングin峰山

このお休みに、峰山に徒歩でお花見に行きました。

奥の池の下に友人宅があるのでそこから徒歩です。

何故かやたらテンションの高いアウトドア派の三十路と、
栗林トンネルまでの中間地点ですでに口数が少なくなっている
インドア派の自分。

まぁ小さい山だし適当にブラブラして帰るか・・・いざとなったら
タクシー呼んでやる・・・とか軽い気持ちで行ったのですが、

これから始まる恐怖の登山を誰が予想できただろうか。


この話、長いので記事分けました。

続きはこの下の「続きを読む」をクリックしてくださいw
まず、ハイキング用のオフロードが、すごい急勾配
!
な、なんじゃこりゃー!と必死な自分の横をお年寄りが
スイスイ登っていく現実と戦いながら、やっとてっぺんの
芝生公園に到着。しかしこの連れが、アスレチック方面に行くと
言い出したので休まずそのままそっちへ移動。
(しかもここはてっぺんではない)

そこでやっとお弁当タイムになったのはいいんですが、
連れの手作り弁当のおかず一覧↓
「玉子焼き」「菜の花のからしあえ」「ミートボール」

こ、これは本当に大人の花見弁当なのか

しかも、おにぎりの入っている方を開けた瞬間

中身を全部ぶちまける連れ。

どこまで私を絶望に叩き込むつもりだぁぁぁ!ヽ(`Д´)ノ

漫画でもあるまいし、こんな素敵な事を素で行う我が連れに
失笑を禁じえないところではありますが、登るものも登ったし、
弁当も食べたので、じゃあもう帰りますかーと提案した所、

「え?まだ帰らないよ?アスレチックコース全部回るからね」

正直シバキたかった。

アスレチック自体は使用禁止だったのですが、ひとつひとつ
楽しそうに回っていく連れにダラダラついていく自分。
なんでこの人はこんなに元気なんだろうね・・・

そして最後のメインイベント。
峰山には小さな古墳がたくさんあるのですが、その中のひとつ。
ニャン塚。そう、ニャン塚
!
別に猫の形しているとか、猫に縁があるとか
そんなのではないんですが、猫と名のつくものに
異常に関心を寄せる猫好き二人。

このニャン塚から積石古墳まで抜ける獣道を通り、
(一応標識に従ったのだが、すごい道だった)
桜街道まで来ると、ハイキングコースから
栗林トンネルの北口まで一本道!という地図を
見て、ここから帰る事に。うわーいやっと帰れるよー。

しかーし!!このコースがこの山の最大の難所だった

おかしいな、ハイキングって、周囲の景色とか
楽しみながら歩くんだよね、なんで私は今
傾斜が40度はあろうかという岩場を滑り落ちないように
下りるのに必死なの?おかしいよね!?
ハイキングじゃなく登山じゃん!

かろうじて草が生えていないので道と判別できる
くらいの急勾配に、落ち葉がびっしりなので、

すんごい滑る!危なすぎ!!

もう膝と腰がガクガクになりました・・・
甘く見てた・・・峰山を甘く見すぎていた・・・orz

とりあえず、この看板を見たら迷わず避けて
下さい。大変な目にあいます!!
!

でもこれ、仕事が事務で常に椅子に座ってる私と違って
フットドームの男性陣なら楽々なんでしょうかね〜
運動がてら登ってみたらどう?<(´ー`)

(あ、でも、全然楽勝だったよーとか言われたら腹立つので
だまっとこう)


ん?ていうか花見に行ったハズなのに花の写真が
一個もないですね…何が花見なんだー!!(´Д⊂グスン

インドア派 中山
posted by tokiwafootdome at 20:00| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご苦労様!

うちのロロ君なら楽々!?

興奮しどうしで逆に大変だろうなぁ。

次は、花見に行ってね!!


Posted by アゴ男爵 at 2009年04月03日 02:50
ロロタソと一緒なら楽しい登山に
なったでしょうねー(笑)
興奮してはしゃいでたら、本気で
すべり落ちますよ!
またロロたんをスベスベにしに行きますね!!
Posted by 中山 at 2009年04月05日 10:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。