2014年01月28日

フットサルの重要性

サッカーブラジル代表やサッカースペイン代表など、世界トップクラスの選手の多くが子供の頃にフットサルをプレーしていたことは有名な話ですねグッド(上向き矢印)

先日のヤフーニュースに「フットサルの重要性を説くネイマールとフッキ」という記事がアップされていましたひらめき

ヤフーニュース





その記事から抜粋 次項有
 
ネイマール

「フットサルをプレーすることは、サッカーをプレーするうえでも大きな助けになる。素早く判断することを学べるからね。サッカーはよりダイナミックになっているし、特にヨーロッパでは、スペースもほとんどない。だから判断を早くしなければいけない。フットサルをやっていた経験が生きていると感じるよ。フットサルは、僕の情熱の一つだ。プレーするのが大好きだったけど、サッカーでより成長するためにプレーを止めざるを得なかったんだよ」



フッキ

「5歳か7歳くらいの頃にフットサルをやっていた。大好きだった。フットサルをたくさんプレーした人は、サッカーのピッチでもフットサルで学んだことを表現できる。フットサルにはいくつかの局面を打開する戦術的な動きがある。覚えるのは大変だけど、フットサルを経験していれば、サッカーのピッチでも役に立つんだ。僕はボールコントロール、ボールキープの仕方をフットサルから学んだ。フットサルではボールが速く動いている。スピーディーだし、プレーするにも、マークに付くにも、アジリティがより必要だ。そういう要素は間違いなくサッカーでも役に立つよ」





フットサルをこよなく愛している僕からすると、世界トップクラスの選手がこういう情報を発信してくれるのは嬉しいですねるんるん

香川県では子供の頃にフットサルを学ぶ環境はないと言える状態ですが、こういう考えが広まって、フットサルがさらに普及していくことを期待しますグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)  gon



posted by tokiwafootdome at 19:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。